PaSha!

PaSha!

(0.0.26b) 本アプリはVRoidをはじめVRMモデルの写真撮影をするアプリです。0.0.15bの大型アップデートにより従来までの単体ポーズの撮影だけでなく複雑な環境を統合した「シーン」として撮影が楽しめるようになりました。 PaSha!「Supporters」版は30日間フル機能でご試用が可能です。この機会に多彩なポーズや便利な機能をお試し下さい。 「Free」版では機能制限がありますが、Free版で保存したデータは「Supporters版」でそのまま使えます。 気に入ったら是非サポーターになってください! ◎新機能のご紹介 https://ayato3d.fanbox.cc/posts/4658026 ◎リリースノート https://ayato3d.fanbox.cc/posts/1235875 ◎PaSha_ITEM_SDK(PaShaアイテム化ツール) https://ayato3d.booth.pm/items/2534714 ◎作者へのご支援 https://ayato3d.fanbox.cc/ //============================== 【インストール】 ZIPを展開します。展開場所に指定はありません。 【アンインストール】 フォルダごと削除して下さい。 【起動方法】 PaSha.exeをダブルクリックします。 【ぱしゅぽ~と】 不定期に更新されるPaSha!サポーターの証です。 期限が切れるとPaSha!起動時にURLが表示されます。 ナビに従い「ぱしゅぽ~と」を入手しPaSha!にドラッグ&ドロップします。 //============================== 【ざっくり仕様】 Windows10の64bit版のみです。 スペックはそれなりに要りますが基準はわかりません。 表示するオブジェクトの仕様、容量、数量などからも大きな影響を受けます。 STATUSに表示されているFPSなども参考にして下さい。 ファイルはドラッグアンドドロップまたは各「開く」ボタンより。 フルスクリーンにも対応しています。 カメラ: 透視投影(Perspective) 近くは大きく、遠くは小さくなります。 「Field of View」はズームだけでなくその視野角の調整目的で使います。 画像: PNG形式の画像を背景や前景として配置できます。 スケール(サイズ)・位置・α値(透明度)などの設定が可能です。 ポーズ: プリセット約309ポーズ(たぶん…!) マウスカーソルをボタンに乗せるとクイックプレビューができます。 ヒューマンボディボーンの調整: 上記のポーズに加え、人型ボーンの位置や角度を調整し 自分好みのポーズを作り上げることができます。 場合によってはTポーズから自作も!? その他のボーンの調整:(オープンα版) さらに髪の毛や服など、ヒューマノイドの動きだけでは対応できないものを 手動で修正することができます。 3Dモデルそのもののメッシュ状態やウェイト等も大きく影響します。 2Dグリッド: 出力前の位置確認には欠かせないグリッド表示です。 ONのまま撮影しても写りません。 ワールドグリッド:(オープンβ版) Ver0.0.15bより新たに実装されました。 これにより3D空間での位置確認やスナップ機能で配置が捗ります。 色んな撮影サイズとその記憶: 自由入力、プリセット、そして 現在の入力値を記憶できる拡張スロットがあります。 Blendshape: VRMでもVRoidでも検出できたものはほぼ全て表示します。 Ver0.0.5bよりPaSha ITEMでも対応しました。 ハンドサイン: 44個くらいずつ×左右。 元ポーズとの合成度合いをウェイトで調整できます。 ミラー機能: 片方の操作をもう一方にも反映させます。 従来まではハンドサインのみの機能でしたが Ver0.0.5bよりヒューマンボディボーン全域が対象となりました。 ピン止め: カメラの自動追従をとめる機能です。 これ自体は小さな機能ですが、 これとカメラメモを上手く使うことが 編集の要(かなめ)になるのでは…と作者は思っています。 カメラメモ: 撮影ポイントを記憶する機能です。 ワンシーンの中でも様々アングルを保存して置けるので便利です。 アイテムの持ち込み: 一緒に写真を撮るためのアイテムを読み込んで表示します。 従来は数量制限がありましたがVer0.0.5bより無制限になりました。 既存のアイテムだけでなく自作も可能です。 背景の透過: 背景を透明にして被写体のみを出力します。 カラー: 背景色と照明色が自由に作れます。 アンチエイリアシング: エッジやカットアウトのギザギザを滑らかにします。 カチッと角度: ワンボタンで90度ごとのカッチリした角度に。 ついでにリセットも。 視線の調整: 頭、目、胴体の一部にウェイトを乗せて 視線の方向や姿勢とのバランスを調整できます。 終了時の「撮影サイズ」の記憶: チェックを入れると 次回は終了時の撮影サイズで起動します。 セーブ機能:(オープンα版) 編集状態を保存し、いつでも再開できます。 Myポーズ:(オープンα版) 編集したポーズを他のシーンやモデルにも使えるよう管理します。 テクスチャ切り替え:(オープンα版) テクスチャを読み込んだ他のテクスチャに切り替えて表示します。 「Undo」および「Redo」:(オープンα版) エディタではよくあるやり直し機能です。 編集内容に対して、逆戻りとやり直しを行います。 パフォーマンスにも影響するためキャッシュはデフォルトで32回までです。 PCスペックに余裕のあるユーザー様は「Settings」>「その他の設定」より0~256に変更できます。 多言語化:(試験的に実装) PaSha!本体のある場所の「Language」フォルダ内に言語ファイルがあれば インターフェイスをその言語に変更できます。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

(0.0.26b) 本アプリはVRoidをはじめVRMモデルの写真撮影をするアプリです。0.0.15bの大型アップデートにより従来までの単体ポーズの撮影だけでなく複雑な環境を統合した「シーン」として撮影が楽しめるようになりました。 PaSha!「Supporters」版は30日間フル機能でご試用が可能です。この機会に多彩なポーズや便利な機能をお試し下さい。 「Free」版では機能制限がありますが、Free版で保存したデータは「Supporters版」でそのまま使えます。 気に入ったら是非サポーターになってください! ◎新機能のご紹介 https://ayato3d.fanbox.cc/posts/4658026 ◎リリースノート https://ayato3d.fanbox.cc/posts/1235875 ◎PaSha_ITEM_SDK(PaShaアイテム化ツール) https://ayato3d.booth.pm/items/2534714 ◎作者へのご支援 https://ayato3d.fanbox.cc/ //============================== 【インストール】 ZIPを展開します。展開場所に指定はありません。 【アンインストール】 フォルダごと削除して下さい。 【起動方法】 PaSha.exeをダブルクリックします。 【ぱしゅぽ~と】 不定期に更新されるPaSha!サポーターの証です。 期限が切れるとPaSha!起動時にURLが表示されます。 ナビに従い「ぱしゅぽ~と」を入手しPaSha!にドラッグ&ドロップします。 //============================== 【ざっくり仕様】 Windows10の64bit版のみです。 スペックはそれなりに要りますが基準はわかりません。 表示するオブジェクトの仕様、容量、数量などからも大きな影響を受けます。 STATUSに表示されているFPSなども参考にして下さい。 ファイルはドラッグアンドドロップまたは各「開く」ボタンより。 フルスクリーンにも対応しています。 カメラ: 透視投影(Perspective) 近くは大きく、遠くは小さくなります。 「Field of View」はズームだけでなくその視野角の調整目的で使います。 画像: PNG形式の画像を背景や前景として配置できます。 スケール(サイズ)・位置・α値(透明度)などの設定が可能です。 ポーズ: プリセット約309ポーズ(たぶん…!) マウスカーソルをボタンに乗せるとクイックプレビューができます。 ヒューマンボディボーンの調整: 上記のポーズに加え、人型ボーンの位置や角度を調整し 自分好みのポーズを作り上げることができます。 場合によってはTポーズから自作も!? その他のボーンの調整:(オープンα版) さらに髪の毛や服など、ヒューマノイドの動きだけでは対応できないものを 手動で修正することができます。 3Dモデルそのもののメッシュ状態やウェイト等も大きく影響します。 2Dグリッド: 出力前の位置確認には欠かせないグリッド表示です。 ONのまま撮影しても写りません。 ワールドグリッド:(オープンβ版) Ver0.0.15bより新たに実装されました。 これにより3D空間での位置確認やスナップ機能で配置が捗ります。 色んな撮影サイズとその記憶: 自由入力、プリセット、そして 現在の入力値を記憶できる拡張スロットがあります。 Blendshape: VRMでもVRoidでも検出できたものはほぼ全て表示します。 Ver0.0.5bよりPaSha ITEMでも対応しました。 ハンドサイン: 44個くらいずつ×左右。 元ポーズとの合成度合いをウェイトで調整できます。 ミラー機能: 片方の操作をもう一方にも反映させます。 従来まではハンドサインのみの機能でしたが Ver0.0.5bよりヒューマンボディボーン全域が対象となりました。 ピン止め: カメラの自動追従をとめる機能です。 これ自体は小さな機能ですが、 これとカメラメモを上手く使うことが 編集の要(かなめ)になるのでは…と作者は思っています。 カメラメモ: 撮影ポイントを記憶する機能です。 ワンシーンの中でも様々アングルを保存して置けるので便利です。 アイテムの持ち込み: 一緒に写真を撮るためのアイテムを読み込んで表示します。 従来は数量制限がありましたがVer0.0.5bより無制限になりました。 既存のアイテムだけでなく自作も可能です。 背景の透過: 背景を透明にして被写体のみを出力します。 カラー: 背景色と照明色が自由に作れます。 アンチエイリアシング: エッジやカットアウトのギザギザを滑らかにします。 カチッと角度: ワンボタンで90度ごとのカッチリした角度に。 ついでにリセットも。 視線の調整: 頭、目、胴体の一部にウェイトを乗せて 視線の方向や姿勢とのバランスを調整できます。 終了時の「撮影サイズ」の記憶: チェックを入れると 次回は終了時の撮影サイズで起動します。 セーブ機能:(オープンα版) 編集状態を保存し、いつでも再開できます。 Myポーズ:(オープンα版) 編集したポーズを他のシーンやモデルにも使えるよう管理します。 テクスチャ切り替え:(オープンα版) テクスチャを読み込んだ他のテクスチャに切り替えて表示します。 「Undo」および「Redo」:(オープンα版) エディタではよくあるやり直し機能です。 編集内容に対して、逆戻りとやり直しを行います。 パフォーマンスにも影響するためキャッシュはデフォルトで32回までです。 PCスペックに余裕のあるユーザー様は「Settings」>「その他の設定」より0~256に変更できます。 多言語化:(試験的に実装) PaSha!本体のある場所の「Language」フォルダ内に言語ファイルがあれば インターフェイスをその言語に変更できます。